小手指原造船所

【こてさしがはら ぞうせんじょ】子持ちの40男が、プラモベースの水物ラジコンを作成しています。

水中翼船への夢

ラジコン水中翼船を作っています。ネットにはすばらしい模型を作成している方が数人いるようで、完全に後追いなのですが、「水中を飛ぶ」とでも形容できる水中翼船になんだか魅力を感じています。
 実は構想は14年前です。日本人でラジコン水中翼船(ボーイング929)を作成された方がいて、その記事が当時の「ラジコン技術」に掲載されていました。それを見て作りたくなってしまいました。そしてそのときに勢いで船体を作成したまでは良かったのですが、仕事が多忙になり、別の趣味(ホントはそっちがメインなので)にのめり込んでいたためにそのまま放置されていました。当時買いそろえたいろいろな物や、その後手に入れた部品を使って、ほとんど何も買わないで1隻でっち上げようという計画です。

 最終的にはフルスクラッチで五島航路に就航している「ぺがさす2」を作成することを目標にしていますが、いつになることやら。しかも、その「ぺがさす2」も、件のラジコン水中翼船作成で有名な方が既に模型化しているんですけどね。

 まずは基礎技術獲得のための実証実験船ということで、ディテールにはこだわらずに、走って、浮かんでをジャイロで制御するということを目標にしてみます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。